かゆみは皮膚の異常を知らせるシグナル

かくのは体を守るための本能です。
ムズムズする、かゆみというのは、非常にやっかいな皮膚感覚です。
かゆみは、「引っかきたい」という衝動を起こす不快な感覚と定義されています。この定義からもわかるように、かゆみには皮膚をかくという「行動」が伴うのが、大きな特徴となっています。
では、なぜ人はかゆくなるとかきたくなるのでしょう。
私たちの体には、もともと生命を脅かす伝染病を媒介する昆虫、毒、ノミ、寄生虫、病原体などからの攻撃(侵入物)をかゆみとして認知し、播破行動を誘起することによって、侵入物を排除するという。生体防御反応、が備わっています。
このことから、かゆみは「皮膚の異常を取り除いてほしい」と知らせてくれるシグナルといえます。そして、播破行動は「自己の体を守るため」の本能であると考えることができるのです。しかし、かゆみでは、基本的に命を落とすような危険がないため、どうしても軽
視されがちです。しかし、かゆみが強まると、イライラしたり、眠れなかったりするたど、かゆみがストレスになることもあります。また、播破行動により皮膚に炎症が起こり、皮膚の症状が悪化します。とくに顔のトラブルがひどくなると、人前に出るのをためらってしまうことも
身体的にも精神的にも大きなダメージをもたらすことになります。最近、脳科学や医学の研究が進み、かゆみのメカニズムが解明されてきています。それと同時に、激しいかゆみが伴うアトピー性皮膚炎など、難治性の症例に対する皮膚科治療の進歩への期待が高まっています。
あります。かゆみや皮膚症状の悪化によって、かくことは快楽を伴う。
脳内化学物質のドーパミンが分泌されるかゆくたいところをかくと「痛み」として感じるのに、かゆいところをかくと不思議と「気持ちがよい!」と感じるのは、だれしも経験しているのではないでしょうか。では、なぜ、人はかゆいところをかくと気持ちよくなるのでしょう。
かゆいところをかくことで、快楽ホルモン、と呼ばれるドーパミンが分泌されていることがわかっています。これは、自ら皮膚をかきこわして損傷させた、播破行動に対する成功報酬、ととらえることができます。私たちは「ある行動をとる」「ある物質を摂取する」と、脳の中で「報酬系」と呼ばれる部分が強く反応しています。この報酬系の中に、ドーパミンなどが多く存在しています。さらに、ある行動や物質と快楽との結びつきがあまりに強烈で、報酬系にスイッチが入った場合は、条件反射のように条件づけが形成されてしまい、自分の意思ではその行動や摂取をやめることができない「依存症」に陥ってしまうリスクもはらんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です